地方の中小零細企業だって社会貢献はできる!
小さな寄付を集めて地域社会を応援する仕組み!

scroll

より良い未来を志し活動しているみなさんを応援するための寄付プロジェクトです。

1%プロジェクトとは、寄付が1%であるプロジェクトではなく、些細だが集まると大きな力になる象徴としての1%です。
小さな志を持った購買(経済)行動が、大きな志で活動する団体を応援します。皆様の行動に期待します。

「寄付つき商品」とは、購入・利用されるごとに、価格の一部が寄付として活用される商品・サービスです。

新着情報

新着一覧はこちら

プロジェクトの全体像

寄付つき商品を買うことで、地域の未来に貢献!

参加企業のメリット

本プロジェクトに参加することで、新たな顧客の開拓や広報活動の強化、企業の信頼感やイメージ向上につながります。
CSR活動として
企業イメージの向上
商品・サービスの差別化することでのイメージアップ&売上げ増

購入者(市民)のメリット

寄付つき商品を購入・利用することで、種々の社会課題解決に間接的ですが参加することができます。

寄付対象団体のメリット

課題解決
活動のPR、社会的認知度アップ
資金調達の助けに
ボランティアスタッフ集めに有効

支援内容は多様です。

例えば…

●A団体
課題:人を集めるイベントの計画やその広報がうまくできない。
支援内容:デザイナー・プランナーを派遣。イベント内容を計画し、効果的な広報ツールを制作。

●B団体
課題:パソコンを効果的に使えるスタッフがいないので、ホームページが無い。
支援内容:Webプランナー等を派遣。ホームページを制作し、活動紹介、会員募集などを効果的に実施する。

●C団体(NPO)
課題:補助金に頼らない法人運営(寄付・会費・有料イベント等での法人資金確保)のアドバイザーを探している。
支援内容:経営コンサルタント・ファンドレイザー等お金と人集め、法人運営のエキスパートを派遣。

*寄付金は、その支援に応じた人件費と制作物(運営)費用等に充てる。

売上げの一部が、地域の未来にいかせる!
信州1%projectに参加しませんか。

参加企業(店)募集中!

 寄付つき商品を販売することで、法人様にとって「販売促進」と「社会貢献」につながります。また、企業イメージの向上が期待できると考えます。どんな業種や職種でも、本業を生かした「寄付つき商品」を企画することができるはずです。まずは、お気軽に当プロジェクト事務局にお問い合わせください。

募集概要

1.対象者 地域への社会貢献を検討されている企業・団体様。
*本プロジェクトの趣旨にそぐわない等の理由により、ご参加いただけない場合がございます。あらかじめご了承ください。
2.商品の基準 法人様の本業にメリットがあり、かつ売上げの一部が地域社会の課題解決に貢献するための寄付つき商品であること。
3.募集期間 随時受け付けています。
4.寄付金の流れ 法人様で集められた寄付金は、いったん「信州1%project事務局」が取りまとめます。プロジェクトの運営費として一部を差し引かせていただき、残りの寄付金は選定された団体と相談の上、専門家派遣及び制作物等の費用(必要に応じて支援金)として活用します。なお、支援方法、費用、内容・成果は団体からレポートとしてフィードバックしていただき、報告させていただきます。

プロジェクトへ参加を希望の方

1.当プロジェクト事務局にご連絡ください。
2.本業にメリットのある寄付つき商品を一緒に開発します。
3.寄付つき商品ができたら、本プロジェクトへ登録し、広報活動を行います。

*寄付つき商品が難しい場合は、毎月一定額の寄付でもだいじょうぶです。ご相談ください。
*プロジェクトへの参加にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

問い合わせフォーム

または、090-8597-2875(吉国)

参加企業 (2020年3月現在)

詳しくはこちら

支援を受けたい

支援を受けたい場合

応募期間 定期的に募集します(時期は未定)
*支援用の原資が十分であれば随時受け付けを開始します。
時期については、ホームページでお知らせいたします。
支援金額 基本的には1件10万円ですが、支援の内容に応じて相談に応じます。
応募条件 ・法人か否かは問いません。
・長野県の中信地区で活動している団体。
(将来的には長野県全域に拡大する予定)
応募方法 こちらの応募用紙(.docx)にご記入の上、下記メール先にお送りください。
mail : aoniyosi9500(a)gmail.com
*(a)を@にしてください。
支援先の選定について 応募していただいた場合は内容を精査し判断します。

お問い合わせは、フォームにてお願いします。

問い合わせフォーム

支援先実績

2018年~2020年は社会貢献活動をする「子ども関連団体」を対象

●第一弾(専門家による伴走支援)

「ホットライン信州 こども食堂しおじり」広報ツールの制作や、ボランティア登録の仕組みづくりなどを経て、子ども食堂の認知度向上のためのイベント準備・開催まで、2018年10月~2019年3月にわたって継続的に支援

支援先ウェブサイト:ホットライン信州

支援に使った寄付:100,000円

報告書.pdf

●第二弾(寄付金による直接支援)

赤ちゃん先生(ママの働き方応援隊)
2020年3月

支援に使った寄付:66,000円

*事情により寄付内容が変わることがあります

運営団体(事務局)

信州ファンドレイジングチーム
〒399-0705 長野県塩尻市広丘堅石98-2

(「ファンドレイジング日本2012」に参加した長野県在住のメンバーが中心になり、2012年2月に設立。NPOのためのファンドレイジングを研究・実践する活動を続けながら、地元のNPO法人や地域活性化グループとも協働しています)

お問い合わせ

問い合わせフォーム

E-mail aoniyosi9500(a)gmail.com

*(a)を@にしてください。

TEL 090-8597-2875(吉国)